このブログに掲載されている「英雄の屍」の著作権は、管理人である北野ふゆ子に属しています。ブログはリンクフリーですが、無断転載、引用など、著作権侵害にあたるご行為はおやめ下さいますようお願い申し上げます。

Yahoo Messenger
お気軽にお声がけ下さい


others

北野ふゆ子
  • 北野ふゆ子
  • 昔は、ゲームやマンガの二次創作をしておりました。現在は主にオリジナルネット小説を執筆しています。得意は「シリアス」「アクション」「サスペンス」です。



超・長編小説同盟に参加しています。

私はClubA&Cに加盟しています。よろしければご感想をお聞かせ下さい。私も貴方の作品の感想をお送りさせて頂きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページの先頭へ
押印師「序章」
序章


 ベッドタウンにある六階建てのアパートメントがある夜、戦場と化した。
 十二歳のエルリオ・グレンデールは父と共にこのアパートメント最下階の105号室に住んでいる。母はすでに亡く、物心ついた頃から既に父と二人だった。
 まず階上から複数の人間らしき足音がした。コンクリートを打ち付ける音が、アパートメントの外廊下の端から端までを駆け抜けていく。そして続いて聞こえてきたのは怒鳴り声。それは一瞬の事で、様子を見ようとベッドから身を起こした直後には、けたたましいサイレンに変わっていた。
 カーテン越しにも、外が不自然に明るくなっているのが分かる。カーテンを開けようとしたところに、父親が部屋へ飛び込んできた。
「お父さん!」
「外の様子を見てくるから、お前はここにいなさい」
 三十五歳の父親、ワイヴァン・グレンデールは言うが早いが寝巻きの上にガウンを羽織った姿で、部屋の外へと駆け出していった。
「待ってお父さん!」
 ワイヴァンの後を追おうとベッドから飛び降りた直後、ベッドが据えつけてあるテラス側の窓ガラスが割れた。
「きゃぁ!」
「エルリオ!」
 割れた窓ガラスの向こうから、室内へと外の音が洪水のように押し寄せる。連続する破裂音、神経を逆なでするようなサイレンが重なり、機械的な射撃音まで行きかう。
「何が起こったんだ…空襲か……?まさか…何で…」
 若い父親は思い直して娘を片腕に抱き寄せる。断続的な爆発音が轟く。この古いブロック造りのアパートメントでは、長くはもたないだろう。
「とにかく脱出するぞ、ここは崩れる」
「お仕事の道具は!?」
 着の身着のままの状態で、自分を抱えて走り出そうとするワイヴァンを、エルリオは引き留める。
「腕が一本ありさえすれば、仕事なんていくらでもできる」
 だが父は、常に数十種類もの道具を取り揃えていたはずだ。
「押印師は、この腕一本と、精霊に感謝する気持ちさえあればいいんだ」
一瞬足を止めたワイヴァンは小脇にかかえたエルリオに笑顔を向け、そしてすぐさま走り出した。
「精霊に感謝する気持ち…」
 エルリオのつぶやきは、度重なる爆音にかき消された。天井がミシミシと音を立てて、塵があちこちから舞い降りる。テラス側は外からの爆発により危険だ。父は唯一脱出可能と思われる玄関の扉を、片手でこじ開けた。ドアの向こう、アパートメントの共通廊下は完全に黒煙が支配しており、左に折れればすぐ出口のはずが、まったくの別世界に感じた。
 左の壁に手をあてて、右に娘を抱えて一歩を踏み出す。
 その瞬間だった。
 煙幕の向こうに黒い影がゆらりと現われたかと思うと、空気が弾ける音がした。
 くぐもった低い悲鳴がエルリオの耳元を掠める。小さな体を抱えていた腕が解けて、盾になっていた大きな背中が崩れる。
「お父さん!!」
 エルリオは炎で熱くなったコンクリートの床に叩きつけられた。その上にワイヴァンの体が覆いかぶさる。重かった。
「お父さ…」
「ちっ…こいつは民間人か…」
「こっちだ!」
 底の厚い軍用ブーツの足音が、すぐ脇を通り過ぎて行った。同じ方向からは変わらず破裂音と銃声が響いてくる。
 ひときわ強い火薬の臭いがした。
 甲高い悲鳴に似た音が鼓膜を震わし、そして世界が白く輝いた。
スポンサーサイト

このページの先頭へ
この記事に対するコメント











管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://eishika.blog39.fc2.com/tb.php/2-e8d65b72
このページの先頭へ
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 英雄の屍 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。