このブログに掲載されている「英雄の屍」の著作権は、管理人である北野ふゆ子に属しています。ブログはリンクフリーですが、無断転載、引用など、著作権侵害にあたるご行為はおやめ下さいますようお願い申し上げます。

Yahoo Messenger
お気軽にお声がけ下さい


others

北野ふゆ子
  • 北野ふゆ子
  • 昔は、ゲームやマンガの二次創作をしておりました。現在は主にオリジナルネット小説を執筆しています。得意は「シリアス」「アクション」「サスペンス」です。



超・長編小説同盟に参加しています。

私はClubA&Cに加盟しています。よろしければご感想をお聞かせ下さい。私も貴方の作品の感想をお送りさせて頂きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページの先頭へ
押印師 ACT4-1
ACT:4 無限の零

01

 アリタスの周辺を三百六十度取り囲む連峰群。サイズ違いの輪を重ねたように、幾重にも岩峰がACCを守るように連なっている。その一角をグレリオ岩連峰といい、ACCの真北に位置している。ACCから見て東西南北を囲む連峰には、それぞれ名がついている。グレリオ岩連峰はその名の通り岩盤地帯となっており、その他連峰と違い鉱脈などの資源採取が一切不可能となっている不毛地帯である。
 しかし、近代化に伴い国が現在の盆地に中枢機能を遷移するまで、古い歴史書によればアリタスの祖となった民は、グレリオより集落を拓いたとある。歴史的意義の深い地ではあるが、経済的価値の低さから現在は完全に忘れ去られた地となっていた。
 現在でも、このグレリオに古より留まる民達がいる。自らを「岩隠の民」と呼ぶ彼らは、この不毛の地に唯一あるオアシスを中心に村を拓き、細々と暮らしていた。
 岩隠の民には長がいた。この地に最初に移り住みし族長の血脈にあたる末裔だ。齢六十を越え、もう二十年以上も長を務めている。長には孫がおり、名はイルトと言う。今年で十八になった。
「……?」
 何かに呼ばれたような気がして、イルト無心に擂粉木を動かしていた手を止めた。岩盤を伝い、振動する波のように「何か」が自らの呼吸と脈に合わせて波打ってくる。
ここはオアシスからほど近い段々畑。イルトは村が見下ろせる、最も高い段々の一角にいた。高いところを流れる風が、遠くから鳥のさえずりを運んでくる。ここはそれ以外に音らしい音はなく、ただ岩盤の間を吹き抜ける風がときおり、人の呻き声のような音を漏らすぐらいだ。
グレリオ一帯の岩盤は、鉱物資源にはならないものの、特殊なミネラルを含むため粉砕することで作物の肥料になる。このため少ない土壌でも実りが豊かで、岩隠の民たちが自給自足をするには十分なのだ。イルトはこの畑の隅で岩の欠片を、特殊な擂粉木ですりつぶして肥料を作るのが日課となっている。
 自分を呼ぶ「何か」を探ろうと、手を止めしばらく周囲をうかがう。すると、
「イルトー?」
今度ははっきりと声が届いた。村へと続く道から段々畑の下層へと駆け寄ってくる小さな影が視界に入り、それが姉のアムリだと気付く。だがそれは、イルトを呼んでいた「何か」ではなかった。「何か」は足下から脳天にかけて脈線をたどり、全身の神経に直接訴えかけてくるような熱を持っていた。目や耳で捉えられるものではなく、もっと六感的なもの。
「お爺……長が私達二人をお呼びなの」
 呼びかける「何か」が気にはなったが、イルトはアムリの元に駆け寄った。
「なんだろう」
 イルトの問いにアムリは控えめに首をかしげた。巫女の証である長い髪がふわりと揺れた。岩隠の民を統べる一族は代々、精霊の声を媒介する神職者で構成されている。アムリはその力を強く受け継いでいた。とはいえ、まだ若いアムリの役目は明日の天候や豊饒を占ったり、解呪や厄除けなどの簡単な神事を行うに過ぎないが。
「ね、イルト」
 村へのあぜ道を行く中で、アムリが呟いた。
「どう表現したらいいのかしら、最近こう、頭痛がしたり体が重くなったり…違うわ、とにかく体に普段と違う異変が現われたり…しない?」
「……それって…」
 イルトはアムリの横顔を見やる。弟の反応に、アムリは不安げに眉根を潜めて振り向いた。
「足下から全身に波がざわめくような、何かに呼ばれているような…」
「波…そう、そうね、そうとも表現できるかもしれない」
「あなたもなのね」とアムリの面持ちに安堵が現われる。しかしすぐにまた薄い雲がかかった。
「何か良くない事の前兆なのかな」
「分からないわ…」
 小高いあぜ道から村全体が見渡せる。そこから自然と口数が減り、結局二人は村にたどり着くまで無言のままだった。

 段々畑からあぜ道をたどっていくと、村の西門へとたどり着く。異変はすぐに気がついた。普段、人通りの少ない西門に二人を向かえる人の群れがあった。その中心に、長たる二人の祖父がいる。いつも身につけている、絣が施された野良着衣ではなく、白い衣を纏っていた。
 ざわり。
木がはぜるような音と共に空気が揺れた。
「アムリ、イルト、おいで」
 長は二人を急かすが、声の調子は常と変らぬ低音の落ち着いた調子だ。促されるままに二人は長の後に続く。門の周辺に集まっていた村人らが、三人を見送る。
「…あれ?」
 長に導かれてたどり着いた先は、屋敷だった。
 思わずイルトの口から拍子抜けした声が漏れる。
 屋敷といえどもACCに並び立つかのような豪奢なそれではなく、代々の長が住居とするそこは、アリタス準古代調と呼ばれる様式に則った古い作りで、二階建ての平屋の左右に、小さな蔵が建っているだけのものだ。それでもここら一帯では最も大きい。
 屋敷に入っていくと、長は奥部屋の門扉の前に立った。壁と見紛うばかりの巨大な扉だった。観音開きになっており、鉄の閂で錠が施してある。幼少の頃より決して近づくなときつく戒められていた場所だった。
「それ、外してくれるかの、イルト」
 長が扉の閂を指差す。言われるままにイルトが従い、ゴトリと重たい音をたてて鉄の棒が床に置かれる。そしてすぐさま長は扉に手を掛けた。好奇心と畏れを瞳に浮かべた子らを前に、巨大な門扉が重たい音と共に開かれる。薄暗い室内だというのに、徐々に開かれる隙間から溢れんばかりの光が漏れてきた。
「光?」
 アムリは眩しさに眉をひそめた。屋敷は聳えたつ巨大な岩盤を背に建っており、この奥部屋より先に外界の風景を見やる事など、物理的に不可能な事。なのにこの扉の向こうから漏れてくる光はなんだろう。目が慣れるまでに多少の時間を要したが、はじめにその正体に気がついたのはイルトだった。
「…キルマイト鉱石の岩盤…?」
「うむ」
 イルトの言葉どおり、開け放たれた門扉の向こうに空間は存在せず、そこは一面の輝ける鉱石の岩壁だった。
「本当、キルマイトね」
 背後でアムリの声。
 キルマイト鉱石とは、アリタスを含むこの世で最も硬いとされている鉱石である。現在では掘削、溶解はおろか、傷一つつける事もできない「神の石」とも呼ばれている鉱物だ。その輝きの美しさから、歴代の職人らが工芸品や嗜好品へ用いようと試みたが叶わず、軍事技術応用への研究も行われたが、いずれも決して実る事はなかった。
 このキルマイト鉱石がグレリオ一帯を「不毛の経済的無価値地域」とした原因である。グレリオ一帯は岩盤の下に巨大なキルマイト鉱脈が潜んでおり、穴を掘ればいたるところでこのキルマイト鉱石の姿を覗くことができるほどだ。
「アムリ、手を」
「え…」
 アムリの左手の平には、長と同じ印がある。これはグレリオの長が代々受け継がれる天啓印で、イルトには現われなかった物、つまり次の後継者がアムリである事を示す物だった。この印は「呼子の印」と呼ばれているもので、どのような能力を備えている物なのか、イルトはおろか、保持者のアムリでさえ分からなかった。ただ、アムリは少しイルトよりも天候を読むのが上手く、占いが上手だというだけで。
「壁に、印を当ててみなさい」
 恐る恐る開かれたアムリの手の平には、正円の中心から外側に向かって伸びる幹のような模様が描かれている。言われるままにアムリは、その印を押し付けるように、左手の平を壁に押し当てた。冷たい、鉱石の感触がする。だが次の瞬間にはキルマイトが、目を刺すような光を放ち始めた。
「熱…っ」
「手を離してはいかん!」
 手の平の中心に生まれた熱が、急激に手の平、そして腕全体に伝わっていく感覚がした。長の一喝にアムリは思わず一歩引きかけた右足を踏みとどませる。
「く…」
 眩しさのあまり世界が白くなり、心なしか耳の奥で鼓膜までが震え始めた。イルトはたまらず両手で頭を抱えた。そしてまた、急速に光が吸い込まれるように失われる。
「……?」
 呆然と顔を上げると、
「キルマイトの壁が…!」
 冷たい輝きを放っていたキルマイトの壁はそこに無く、門扉の向こうに道が開けていた。

スポンサーサイト
このページの先頭へ
押印師 ACT4-2
02

 この世で最も硬い門扉が開けた奥には、人工的な石段が続いていた。滅多に人が通る事がないのだろう、敷き詰められた石には人の足により研磨された様子もなく、真新しかった。外界でも見やる事のできる遺跡のような作りの柱やレリーフが施された石壁などで、ここが地下神殿への入り口だと分かる。
「グレリオに長らく住む民が、何故「岩隠の民」と呼ばているか…お前達は知っているかの?」
 長に促されてそ二人も石段を下る。長を先頭に、アムリ、イルトの順に。長らく封じ込まれていた冷たい空気は、仄かに錆か黴が混在した香りがした。
「さあ……」
 姉が首をかしげ、
「こんな岩盤地帯だから、岩に隠れて暮らす田舎者って事じゃ?」
 弟の乾いた声が続く。「こら!」と姉の小さな叱責の混ざった苦笑がこぼれてきた。前方を歩く長も、口の中で溜息のような笑みを漏らしていた。
「………あ」
 石段を一つ下るにつれて、長とアムリの手の平に仄かな光がともり始めたのが見える。印が輝き始めているのだ。そのうち誰も言葉を発しなくなり、ただ石段を下る足音だけが不規則にこだまする。
「……」
アムリは青白い、どこか不安亭な光を放つ己の手の平を握り締める。
 緩やかな螺旋を描く石段をしばし下ると、また壁一面の門扉の前にたどり着いた。施錠されている様子はなく、観音開きの扉を封印する形で魔方陣が描かれていた。
「岩に隠れる民ではなく、「岩に隠す民」だからじゃよ」
 言いながら、長が振り向いた。
「―え……?」
「アムリ」
答えを求める前にまた長に促され、アムリは魔方陣に印が刻まれた手の平を当てた。
「っ!」
 また、目を覆うほどの青白い輝きが小さな爆発を起こした。不意のことで視力を一瞬奪われた二人は、手で顔を覆う。恐る恐る顔を上げるとまた、そこには門扉が開かれた光景があった。
「わぁ…」
 思わず声を出したのはイルト。今度は狭い石段ではなく、大広間が彼らを迎えていた。仰ぎ見られるほどに高い天井、床、身体ごと向き直らなければ見渡す事のできない壁、全てがキルマイトで覆われていた。
「すごい、四方八方がキルマイト…まるで鉱脈の中にいるみたいだ」
 感嘆したイルトの言葉に長が頷く。
「イルトの言うとおり、ここはキルマイト鉱脈の中心部だ。だが自然に発生したものではない」
「え…」
 アムリの呟きが小さくこだまする。追従してきた面々もざわついた。
「人工的に作られた空洞だと?」
 再び長が頷く。
「だけど、現在のいかなる工業技術も、キルマイトを掘削する事は不可能だというのに」
「そうだ。精霊が生み出し物に抵抗しうるは、これもまた精霊が生み出した物のみだ。神の石キルマイトを変形させる事ができるのは、同じく神の力のみ…」
 それ以上の仔細は語らず、長は空洞の中心へと歩を進めていった。慌てて二人が追随する。
「イルト、見て」
 アムリの声に促されて、足下を見下ろす。眼下にひろがるキルマイトの床、透けて窺えるその下に、なにやら巨大な模様が見えた。
「壁もだ!」
 床、壁のみならず、キルマイトに覆われた空洞の面すべてに、模様が描かれているのが見て取れた、そしてキルマイトはそれを守るように覆い尽くしている。
「これは…壁画なのですか?」
 様々な波が、そこにあった。自然が壁面を磨耗して作り上げた模様ではない、人工的に描かれたかのように意志を持った線の数々が、キルマイトの向こうに透けてみえていた。何と特定する事はできない様々な模様が。
「これは全て、印だ」
「え!?」
 長の言葉に、呆けて辺りを見渡していた面々がはじけるように一斉に振り向いた。
「印って…私の手にあるような、『精霊の印』ですか?」
 あらためて己の手の平を見やるアムリ。長の肯定が戻ってくる。
「この、壁や床一面、すべて合わせて一つの印なのだ。そして、キルマイトは印を守る結界。正確には鉱石などではない。だから人の手を加える事ができぬのだ。その固さと輝き故に人々はそれを「鉱石」と呼ぶようになったが、逆にカモフラージュとなり我々には都合が良かった。そして、このキルマイト結界を作り出し、また解放する事ができる唯一の手段が、我々の手に浮かび上がるこの印なのだ、アムリ」
 人の手が決して及ばぬように守られた巨大な印。
 岩隠の民、つまり「岩に隠す民」とは、この事を示していたのだろうか。
 代々、長のみが受け継ぐ印が持つ役割が、果てしなく壮大な物に思える。イルトはそっとアムリの横顔を見やった。線が細い姉は戸惑いを瞳に宿しつつも、じっと長の話に耳を傾けていた。
「では、この巨大な印は何なのですか?」
 至極、素朴な疑問が口に出る。
 これほどに巨大な印を、他に見たことがなかった。
「それは…」
 長が言葉を漏らしかけたと同時にそれは始まった。
 キルマイト全体が、印から発せられた光の脈動に反射を繰り返し、空洞全体を淡く照らし始める。まるで生き物のような脈動は、心臓の鼓動に似た音を、イルトの脳裏に響かせる。

-呼んでいる

 段々畑で漠然と感じた空気の振動と同じ感覚だった。イルトは無意識に両手を耳元に当てた。
「な、何……」
 体の中に水が流れ込んでくるような圧迫感に、イルトは喘いだ。
「どうしたの、イルト…」
 アムリには影響がないのか、不思議そうに眉根を顰めてイルトの肩に手をあててきた。
「二人とも、少し下がりなさい。「彼」が戻られる」
 長は装束の裾をするりと翻すと、巨大な印の中心と思われる円陣の中心と向き合う。
「彼??」
「戻る?」
 あわてて二人も長に倣い、数歩さがって同じ方向に視線を向ける。
 その場の全体を照らす光はますます強さを増し、長、そしてアムリ自身の手の平に刻まれた印もそれに呼応していた。
「え…」
 突如、目の前に炎が広がった。直後、黒煙と共に爆発へと変わる。だが熱は感じない。音もない。これは、脳裏に流れ込んでくる強烈なイメージ。煙の中をかけぬける複数の足音、爆発と瓦解音、そして甲高い少女の悲鳴、三度の爆発そして…
「きゃぁ!」
 空間すべてが白い世界に変わるほどの光が溢れた。そしてそれはまるで印に吸い込まれていくように霧消する。聞こえたのは、アムリの小さな悲鳴だった。
 新たに現われた気配を感じて、恐る恐る目を開けるとそこには、一つの人影が。
「え……?」
螺旋を描く印の中心に佇む男。
「………」
 顔を上げる面々の前に突如現われた男の体が、陽炎のごとくゆらりと足下から揺らいだ。
「イルト!」
「!」
 長の声。反射的にイルトがその場から立ち上がりざまに駆け出し、男にかけより身体を抱きとめる。ずしりと重みを感じた。幻影を見ていたような錯覚に陥っていたがこれは間違いなく、生身の人間。しかもよく見れば男は白いシャツにブラウンのトラウザという、至極一般的な市民の服装をしていた。白めの肌の色も、ダークブラウンの髪の毛も、アリタスでは珍しくもない。イルトが抱きとめて十分耐えられる中肉中背も、ごく平均的なものであろう。
 市井に紛れてしまえば見失いかねない、普通の人間が何故こうしてここにいるのか、否その前にどうやってこの男はここに現われたのか、その前の根本的な疑問など、長を除くこの場にいる面々には様々な疑問符が脳裏で飛び交っている。
「ん……」
 イルトの肩に顔を埋めていた男から、小さな声が漏れてきた。
 体温も心臓の鼓動も吐息も感じられる。やはり生きている人間なのだ。
「……え…っ?」
 急激に意識が引き戻されたかのように、男はイルトの肩から顔をあげた。すぐ近くにあるイルトの顔に驚き、確かでない足取りで二歩ほど後ずさりする。
「…えーっと…」
 男の顔がようやく見えた。年は二十台半ばといったところか、体型、服装、髪型、髪と肌の色に特色はないが瞳の色が少々変わった鳶色をしていた。自分を見て驚く男の様子に、イルトも戸惑った顔でごまかすように笑うしかできず、背後にいる長に助けを求めて振り向く。ゆるりとした恭しい動きで長がこちらに向かって歩み寄るところだった。
「お戻りですか」
「……っ」
 長の言葉に、男は当たりを見渡す。四方八方、一面の模様に明らかに眉をひそめて目を見開く。
「『また』か……また私は……」
 男はただそう呟いて、絶望を顔に浮かべた。

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 英雄の屍 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。